読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラ症候群で離婚、asdとはやっぱり上手く行かない

カサンドラ夫のうつ病とアスペルガー妻

カサンドラになり「こんなアスペルガーとは一緒にやっていけない!」と思って離婚を選択する人は案外多いらしい・・・

f:id:asupeshougai:20160426013612j:plain

しかし自閉症スペクトラムの相手は全くそんな事に気付かず、何が気に入らないのかすら理解出来ない。

これは私の体験した話(←私バツ1です 汗)

 

私が障害があると知ったのは1年ほど前、しかし以前の結婚は20年以上も前の事。

若さもありかなり手厳しい妻だったような気がします。それに苦しくなった元夫は結局私の元を去ってしまったのです。

もうかなり過去なのでハッキリとは覚えていませんが、「嫌いじゃないけど・・・」みたいな事を言われたような。

そして今の夫と再婚をし現在結婚生活を続けていますが時々、

「あの子と結婚生活の辛さ話したら誰よりも理解し合えるんじゃ?」

なんて話しています(笑)

私とは逆で奥さんがカサンドラという人と何度か話しをした事があるのですが、

「相手の考えている事が全く理解できない」

と皆が口を揃えて言うのを聞くと、きっと皆さん同じ悩みを抱えているのでしょう。

きっと私の夫とも話せば分かり合えるような気がします(汗)

 

一緒にいるのに一人でいる気がする・・・

愛されているか分からない・・・

私の事を何も考えてくれない・・・

 

そんなつもりはないのですが、そう受け止められてしまう要素があるんですよね~

普段話しをしていても会話ではなく単語で終わる事があります。普通の事だと思っていたのですが、これ違うらしいんです。

夫「お昼ご飯、何食べた?」

私「パン」

確かに続かないですよね、これじゃ。こんな会話が心がないと言われてしまうのかもしれません。

質問に正しく答えているはずなのですが、温かみがないのかもしれません。しかし逆に私が夫に

私「お昼ご飯、何食べた?」

夫「今日はご飯がなかったからパンにしようか悩んだよ」

私「そんな事聞いてるんじゃなくて、何食べた?」」

夫「結局美味しそうなパンもなかったから、コンビニでお弁当にした」

こんな長い会話になってしまうので面倒だと感じてしまうのです。

多分どちらも間違っていないんだと思うのですが、正解か不正解かではなくちょっとした言葉の着色が出来ないんですよね。

女性はおしゃべりが好きですが、それは私も同じです。しかし楽しく会話が出来る相手との内容を思い出すとかなり端的。

ウダウダした会話が苦手なので、起承転結のみを話してしまうのかもしれません。

 

カサンドラ症候群で離婚する人は少なくありません。相手がアスペルガーならある意味仕方がないのかもしれませんが・・・

2度目の今回はそうならないよう気をつけたいものです。