読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラ症候群の夫が回復する日を心待ちに|妻はアスペルガー

カサンドラ夫のうつ病とアスペルガー妻

カサンドラ症候群の夫がアスペルガー症候群の妻と結婚生活を続けうつ病などの精神的な病から回復する時は来るんだろうか・・・。

 

いや、絶対来るはず!!と信じて自閉症スペクトラムな私は日々格闘しています。と言ってもそんなに緊迫した状況ではないんですけどね(汗)

f:id:asupeshougai:20160319223137j:plain

ある日、発達障害だと診断された私。それまでは何も知らず当たり前のように日々を過ごしていました。そんな私ですが夫は

 

「冷たいなぁ」
「キツイなぁ」

 

と思っていたらしいのですが、お互い障害を知らずにここまで過ごしてきたので「そんな性格」程度にしか考えていなかったそうです。

 

しかし私がasdの診断を受け、おまけにその伴侶がカサンドラになりやすいと知ったあたりから、夫はカサンドラを演出するようになりました(笑)

 

ではなく、多分今までも辛いと思っていたんだと思うのですが、

「そんな病気があるのか!だったら病気にすがっちゃえ!!」みたいな感じかな・・・と私は考えています。夫の心なんて分からないけど(笑)

 

それでも辛いと思う気持ちは決して嘘ではないので、私は時々夫を振り返り「優しく接しよう」と思い出すのです。

 

私の障害は重度ではありませんが、それでも障害なんでしょうね~。

 

夫からすれば「有り得ない程」他の人とは何かが大きく異なるらしく、しかしその説明を聞いても理解出来ない私。

 

それが私だと思っていた事の全てが覆されるのですから、若干拒絶もあるのかもしれません。

 

きっとカサンドラな夫の気持ちは・・・発達障害だと頭では理解していても心が淋しい。こんな感じなんだと思います。

 

求める心と求めてはいけない心が相反するからか、余計に辛い状況を引き起こしてしまうのかもしれません。

 

少しでも回復出来るよう、あすぺな私も結構頑張っているのですがまだまだ時間はかかりそう。

 

でもいいんです、二人で人生を歩むと決めたのですから、夫がダメな時は妻の私が頑張るだけ。

 

倒れてもまかしとけ!!って気持ちで仕事にいそしんでおります(笑)