カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラな夫が治るには時間がかかる|妻はアスペルガー

カサンドラ症候群になってしまった夫。そして私はアスペルガー症候群です。

 

生まれた時からの障害と言っても、知らない間に人を傷つけてしまう・・・。

 

カサンドラな夫はそんな私に傷つけられてしまい昨年あたりから体調不良になってしまったのです。

f:id:asupeshougai:20160527221552j:plain

明らかにおかしい夫の体調、どう考えてもうつ病

 

その頃やっと私は自分が発達障害だと知ったばかりだったので夫の事まで気が回らず、気付けば症状は悪化するばかり。

 

さすがにこれではダメだと思いやっと思い腰を上げました。


カサンドラを治すにはアスペの優しさが大切

カサンドラ症候群で悩んでいる色々な人のブログを読みました。

 

皆さん同じような悩みを抱えていて大変そうだと思ったのですが、夫も同じような悩みを抱えているのだと初めて知ったのです。

 

その原因が私、、、最初は理解すら出来ませんでしたが、今ならなんとなく理解できます。

 

どこがダメなのか、そして夫がどんな事を嫌だと思っていたのかが。

 

今の私は極力優しく接するようにしています。するとなんだか夫は元気♪

 

日により体調は様々ですが笑顔で会話をするようになってきました。やはり家庭には笑顔は必要不可欠ですしね!


それでもカサンドラには伝わらない

夫にはありったけの優しさで接しているつもりの私。そして先日思い切って聞いてみたのです。

 

「私、最近優しいと思わない?」

 

すると

 

「全然前と変わらないよ」

 

あらら、なかなか伝わっていないようで・・・。

 

自閉症スペクトラムの考える優しさと定型発達の考える優しさにはどうも相違があるのかもしれません。

 

  • 怒らない
  • 厳しい意見は言わない
  • 優しい言葉で話しかける

など自分では努力しているのですが、どんなのが普通と言われる優しさなのでしょう?

 

それでも何となく笑う日が増えてきているここ最近。私の努力は決して無駄ではなかったと思えるのです。

 

気付かなくてもいいから、少しずつ元気になってくれればいい。

 

これ、優しさだと思うんですけどね(汗)