読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラな夫とアスペルガーな妻、悪いのはどっち?

カサンドラになってしまった夫、そしてカサンドラはアスペルガーの相手がいる場合に呼ばれる名前です。

 

そう書くとアスペルガーに問題があるように聞こえてしまいますよね(汗)

 

確かにその通りなのですが、だからと言って生まれた時からの障害。どうする事も出来ない部分もあるのです。

f:id:asupeshougai:20160527222415j:plain

一緒にいても淋しいと言われる、しかし何故淋しいか分からない。

 

そんな冗談のような事がカサンドラとアスペルガーには起こります。

 

逆もあり、何を言いたいのか分からないというパターンも。

 

理解力に欠けてしまうこの自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害。そんな所も夫にとってうつ病を発症する原因になっていたのでしょう。


カサンドラもアスペルガーも理解する気持ちが大切

片方がこうだから・・・では結婚生活は上手くいきません。

 

もし私が「発達障害だから仕方ない」と思ってしまうとそれで終わってしまいます。

 

育った環境も考え方も何もかもが異なる二人が一緒になる事すら難しい事なので、そこに障害があればなお更。

 

しかしどれもを一緒に乗り越えようと考えられれば、乗り越えられない訳がないのです。

 

大切な事はどちらもが努力する事

 

分からないなりにも分かろうとする気持ちがあれば、きっと良い方向に進んで行くきっかけが見つかると思うのです。


結婚生活は結局お互いを思う気持ちが大切

どの夫婦でも同じですが、思いあっている、信頼し合っている夫婦関係って素適ですよね。

 

そうなるまでには紆余曲折があったのだと思いますが、それを乗り越える事が出来たからこそ強い絆で結ばれるのでしょう。

 

そこに障害があってもそれを乗り越える気持ちを夫婦二人が持っていれば大丈夫。

 

少しだけカサンドラ症候群に我慢してもらう事や諦めてもらう事が多いかもしれませんが、理解してもらおうとアスペルガーも頑張っていれば!!

 

歩み寄れる部分が幾つあるかを探す結婚生活ですが、真面目に考えると歩み寄れるところが沢山ある事にも気付けるのです。

 

そう思ってから数ヶ月、夫婦の間で何かが変わり始めたような気がします。

 

笑顔の絶えない家庭、そんな家庭を目指して頑張ってます!