読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラな夫との話しを平行線にしない|妻はアスペルガー

カサンドラとアスペルガーが離婚しない方法

カサンドラ症候群の夫ですが、その原因はアスペルガーな私。

 

それを十分に理解しているのですが、どうしても話しが平行線になってしまう事が少なくないですよね~。

 

これはカサンドラ症候群に問題があるのではなくアスペな私の問題

f:id:asupeshougai:20160527222421j:plain

素直でなくいつも反発してしまうから、話し合いをしても平行線。

 

結果カサンドラ夫が言いたい事を飲み込んでしまうんです。こんな事が多かったからうつ病になってしまったんですけどね(汗)


カサンドラも欝病も何となく良くなってきた理由

結構私なりに頑張っています。

 

話しが平行線になる事は昔から多々あったのですが、平行線になるような話は現在しないように心がけています。

 

何故なら、そのような話しをしてしまうとアスペな私が抑えられなくなるから。

 

抑えられなくなると必ずカサンドラを悪化させたりうつ病が酷くなる姿を何度も見て、何度も失敗してきたので、極力そのような話しはしないようにしています。

 

自閉症スペクトラムは脳の障害なのですが、こうやって自分で反省し自分で色々と勉強すると障害そのものは治らなくても習得出来る事は沢山。

 

だから夫も少しずつ元気になってくれているのでしょう。

 

私がカサンドラな夫を支えようと思った理由

私は自分が障害があるとは知りませんでした。

 

知らずに二次障害と言われるうつ病を発症してしまった過去があるのですが、この時期いつも優しい気遣いで接してくれた夫。

 

その時はそれ程ありがとうとすら思わなかったのですが、いざ夫がこうなった時過去の夫を思い出したのです。

 

辛い時に支えてくれた、どんなわがままでも聞いてくれた、文句も言わず側にいてくれた・・・。

 

そんな些細な事なのですが、きっとその時の私にとっては印象に残るような出来事だったのでしょう。

 

自分でも感情が欠落している事を知っているので、普通の人が思う程の感謝があるかは分かりません。

 

それでも私なりの感謝の気持ちがある・・・だからカサンドラになってしまった夫を支えるために自分を変えようと思ったのです。

 

奥さんを傷つけるアスペルガー

世の中には奥さんがカサンドラ症候群で旦那さんがアスペルガーというパターンが多いのですが、もし自分が奥さんを傷つけていると感じたならちょっとだけ考え方を変えるだけで上手く行く事が増えるはずです。

 

  • 自分の気持ちをそのままぶつけない
  • 奥さんの言い分を素直に受け入れる努力
  • 時々問いかけてみる

どれだけ出来るかは分かりませんし、私も出来ているか分かりません

 

しかし発達障害がある人は相手に無関心自分の事ばかりになりがちなんだそうです(夫談)。

 

だから自分の思いを先に出すのではなく、その思いは慣れるまでしばらくは心の中においておく。

 

時間をかければお互いの結婚生活はきっと良くなるので、障害を持つ側が相手に対して思いやりを持つ努力をする事。

 

出来ない、分からない、そんな気持ちは良く分かります。

 

私も夫の気持ちを理解出来ている訳ではないので・・・

 

しかしカサンドラにしてしまったのにはアスペルガーが原因なんですから、時には気合を入れて頑張らないと

 

これが出来ればきっと元気な奥さんに戻ってくれるはずですよ!