カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラの夫は自分のペースを掴むとアスペに振り回されない

カサンドラの夫でも妻でも、自分のペースってアスペ振り回されてしまっててなくなっちゃってるんじゃないでしょうか?

 

我が家のカサンドラ夫もそれまではアスペルガー症候群の私にどうも振り回されてたみたいなのですが、最近それが変わってきたんです。

f:id:asupeshougai:20160527222434j:plain

自分の時間を大切にするというか、自分のやりたい事を見つけたというか・・・

 

自閉症スペクトラムは気にしなくてもいい

基本的に自閉症スペクトラムな人って、自分が中心になって動いてるんですよね。

 

そしてそれに一生懸命ついて行こうとするから、定型発達の人が疲れちゃうんだと思うんです。

 

  • こんなに頑張ってるのに!
  • 必死で理解しようとしてるのに!

 

だけど全く分かってくれないアスペな人。

 

だけど、分かってもらおうとするんじゃなくて、それはそれでおいといて「自分」を中心にした考え方に変えると楽になるんじゃないかと思うんです。

 

我が家でも殆ど会話はないけど、必要な事があれば話すし言わなければならない事があれば伝えるし・・・

 

と、もしかすると会話そのものが情報を伝えるためのツールだと考えているのかもしれません。

 

カサンドラ症候群が発達障害に振り回されないようにするには

どの選択肢が一番良いか分かりませんが、もっと手を抜いてもいいのかもしれません。

 

ただ最低限の事だけはする必要はあるのですが、それ以上は求めていなかったりするんです、アスペな人って。

 

だから、求めてない事を必死で頑張っても気づかないんですよね(-_-;)

 

気付く部分が定型発達の人は発達障害の人よりも数倍多いのですが、それはつまり

 

どうでも良いと思っている事が多いという事。

 

だからそんな部分に力を注いじゃうと、気力やメンタルがやられてしまっても仕方ないのかもしれません。

 

アスペには求められる事だけを提供してみて

同じ障害を持つ人でも求める事は異なります。

 

あなたの夫や妻が障害を持っているなら、望んだ事だけを与えてみてください。

 

  • あれもしなきゃ
  • これもしなきゃ

 

そうやって頑張っても相手は全く気付いてくれないから、疲れちゃうんだと思うんです。

 

だけどこれからは、相手が求める事だけを与えて行けばきっとあなた自身が自分の時間を持つ事が出来るのではないでしょうか。

 

そんなに簡単にカサンドラ症候群がなくなるという訳ではないかもしれませんが、ちょっとだけ今までとは違う考え方がデキルと楽になれるような気がします。

 

カサンドラの夫は最近自分のペースを見つけたようで、アスペな私にとっては少し楽になりました♪