読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラ症候群とアスペルガー夫婦の日々を綴るブログ|妻はアスペルガー

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻、そんな夫婦のなんてことのないブログなのですが、書いていると結構あれこれ考えてしまうもの。

 

自分が発達障害だという事を再認識したり、夫が病なのを改めて思い知らされたりと発見もあるのですが、どうしようもない事も見えてきます。

f:id:asupeshougai:20160319223130j:plain

自閉症スペクトラムは治らない障害、生まれた時から脳がちょっと変。

 

そのちょっと変な部分が災いして夫をカサンドラにしてしまう・・・。

 

ある意味、しゃーないやん!!!とも思うのです。が、それを言えば終わるのであれこれと考えるんですよね。

 

しかし人の気持ちが分からないってかなり致命傷だと思いません?決して相手の事を考えていないという訳ではないのに、結構真面目に配慮しているつもりなのに方向が間違っているからか伝わらない。

 

下手をするとマイナスに取られてしまって大失敗なんて事もあります。

 

何をするにもコミュニケーションは必須だと思うのですが、この能力が欠落しているって・・・、よく夫は私と結婚しようと思ったものです(笑)

 

昔は良かったと言う言葉は夫婦の間で聞く言葉ですが、笑い話じゃなくてきっと本心からそう思っているんでしょうかね(汗)まぁ、お互い様ですが(笑)

 

私は自分では結構出来た奥さんだと思っていました。嫌々ながら家事もするし子育てもする、仕事もするし至って普通に頑張る妻だと思ってたのですが、実は妻ではなく人として失格な部分があったみたい。

 

人格そのものを全否定みたいな感じですかね(汗)

 

それでも気にせず強気で生きているのはきっとasdのなせる業なのかもしれません。

 

カサンドラの夫を少しでも治そうとするなら

グイグイ引っ張る私についてこれない夫、だから私が時々足を止め後ろを振り返り夫の手をとる必要があるのでしょう。カサンドラ症候群の人の悩みは残念ながら私には分かりません。

 

だけど、相手を思いやろうとする気持ちは例え定型発達の人より小さくても同じように持っています。

 

そんな思いを一つ一つ伝えながら人生を歩んでいけば、どこかで交差できる日が来るはず。

 

その時が来るまでは大変なのかもしれませんが、私が道を切り開きながら一緒に歩んでいけば見つけられるはずだと信じています。

 

夫は今流行りのカサンドラ症候群、時代の流行?に上手く乗れたようですが、そこから降ろすのは私の役目。夫婦って本当に持ちつ持たれつなんだなぁと思いませんか?