読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラの夫は淋しいと言うがアスペルガーには分からない

カサンドラ夫のうつ病とアスペルガー妻

カサンドラの夫は淋しいと言う言葉を良く口にしますが、残念な事にアスペルガーの妻には何が淋しいかが分かりません。

f:id:asupeshougai:20160426013615j:plain

何も変わらない日常生活、このどこに寂しさを感じるのでしょう?

と質問してみると

「自分の存在が私の中にないような気がするところ」

との答え。

確かに自閉症スペクトラムの私は、夫の存在がいつもあるか?と聞かれると答えはNO。しかし世の中の奥さんも似たり寄ったりじゃないかな?と思うのですが・・・

存在がないと言っても、例えば他に好きな人が出来たとかではないのを知っているのでどうする事も出来ない夫。ちょっと可哀想ですよね。

あくまでも私はですが、浮気や他に心を動かさせる事は学生時代の恋愛から振り返ってみても皆無。

自分で決めた相手(その時付き合っている人)以外を好きになる事が出来ないのです。

ここら辺は安心してもらえる部分ですかね(笑)

だからと言って淋しいという思いが消える訳ではなく、見えない相手と戦っている夫。どうすれば淋しくないかと考えるのですが、話しかけようとすればテレビを見ていたり寝ていたり。

これじゃ話しかけられないですよね~

世の中のカサンドラ症候群の方も同じような悩みを抱えている方が多いようですが、相手も何とか理解したいと努力しているんじゃないかな?なんて思います。

お互い理解し合えない二人かもしれませんが、どこかに一つでも接点があれば良し!

全てを理解しようと思うのではなく、小さな点でいいから接点を見つけられれば解消する事もあるのかもしれません。

そんな考え方がアスペルガーと言われるのかもしれませんが、少しだけ無理をする適度な努力じゃないと続かなくなってしまうんですよね。

夫を寂しさから救う事は無理かもしれませんが、淋しいと思わない方法は模索しているんですよ♪

ただそれがなかなか伝わらないみたいですが、思っている以上に頑張っているって事を知ってくれればいいな♪