読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラな夫とアスペルガーの妻が頑張るブログ

カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻が日々奮闘するブログです。片方がasだと片方が精神的に弱ってしまう事が多いのですが、我が家も夫は少しうつ病気味。そんな夫をしっかり支えながら夫婦で頑張るアスペ主婦とカサンドラ夫の毎日を書いています。

カサンドラ症候群から見るとアスペルガーは自分勝手

カサンドラ夫のうつ病とアスペルガー妻

カサンドラ症候群の夫は私に

 

「アスペルガーって自分勝手だよね」

 

と良く言われます。

 

自分ではそんな事は一切思わず、どちらかと言えばいつも夫や子供の事を考えていたつもりなのですが、周りから見るとそう見えていたんですよね。反省。

f:id:asupeshougai:20160321125112j:plain

自閉症スペクトラムな私は多分、自分が思う良いと思う事を自分なりの解釈で行ってきたのでしょう。

 

しかし相手が望んでいる事や求めている事が分からない発達障害なので、相手から見れば好き勝手しているように映る。

 

結果「自分勝手」だと思われてしまっていたのでしょう。

 

決して人を思う気持ちがない訳ではないのですが、定型発達の人からすればその思いはかなり薄っぺらいらしい。

 

そんな事も分からない困った障害を抱えた妻を持った夫は何だか少し可哀想ですよね。

 

世の中ではご主人さんがasdで奥さんがカサンドラというパターンが多いようですが、きっとどちらがそうでも状況は同じ。

 

皆さん同じ悩みを抱えていらっしゃるのでしょう。

発達障害はなかなか変えられない

発達障害を持った私は自分が障害があると知っていても自分を変える事が非常に難しいと感じています。

 

本当に些細な事ですが言葉一つ取っても冷たい言葉を投げかけてしまうようなのですが、私はその言葉の何が冷たいか?が分からないのです。

 

そしてその理由を説明してもらっても理解出来ない。だから一度「嫌だ」と言われた言葉は言わないように心がけているのですが、言葉はとても難しい・・・。同じ言葉でなくても傷つけてしまう事があるんです。

 

自分なりには努力しているつもりでも相手から見ればやはり「自分勝手」。どこまでいっても相容れない思いがあるのでしょう。と言って諦める訳にもいかないのですが(汗)

 

私から見ればカサンドラな夫もかなり自分勝手に見えますが、譲れたり相容れようとしてくれるところが私とは大きく異なるところ。

 

懐が大きいといつも尊敬している部分なのですが、それが普通なんですよね。

 

どれだけ頑張ってもそんなに寛大にはなれないかもしれませんが、少しでも見習えるよう日々奮闘しています。なかなか理解してもらえないけど(汗)